○方言・音声研究会

●『方言・音声研究』第1号 2008年9月30日刊 ISSN: 18832474
平家正節における接続テ形と1拍連用形のアクセント 加藤 望 全文 pp.1-8
 内容:近世京都アクセントの資料である、平曲譜本のアクセントに関する研究
京都方言の形態・文法・音韻(1)―会話録音を資料として(1)― 中井幸比古 目次・要旨 pp.9-200
 内容:京都方言(京言葉・京ことば・京都弁)の会話資料による記述研究 文献
新著紹介:『日生の方言 岡山弁の異端』 浜野 博 全文 pp.201-205
 内容:岡山市備前市(旧日生町日生)の、アクセント記号付き方言集の紹介
●『方言・音声研究』第2号 2009年3月31日刊
阿波の地名キライの語源について 高田豊輝 全文 pp.1-5
 内容:阿波に多い、「嫌い」と同じ発音の地名キライの語源に関する研究
中国人日本語学習者の標準語アクセントと関西アクセント 楼 晶晶 要旨 pp.6-19
 内容:中国人日本語学習の、標準語・関西アクセントの習得状況
野坂昭如『火垂るの墓』における待遇表現 満永さゆき 要旨 pp.20-27
 内容::当該小説の会話における、神戸弁・大阪弁・標準語の交錯した状況の報告
大学生の2拍名詞のアクセント IT,OM,SN,
TN,TS,YM
要旨 pp.28-36
 内容::近畿地方の京阪式と、中部・中国の東京式の、若年層アクセントの報告
京都方言の形態・文法・音韻(2)−会話録音を資料として(2)− 中井幸比古 要旨 本文 pp.37-53
 内容:第1号掲載の論文の続き 文献
高知方言のアクセント資料 中井幸比古 要旨 本文 pp.54-97
 内容:大正生2名と昭和20年代生1名の、高知アクセントの個人差に関する資料
『方言・音声研究』1 正誤 全文 p.98
●『方言・音声研究』第3号 2009年9月30日刊
高知市方言・徳島市南部方言における動詞活用形アクセント資料 加藤望・
中井幸比古
1はじめに
2『京阪系アクセント辞典データCD-
ROM』動詞活用形アクセント情報対
照表

3高知市方言の動詞活用形アクセント資料
4徳島市南部方言の動詞活用形アクセント資料
pp.1-56
 内容:当該2方言対象の、『京阪系アクセント辞典データCD-ROM』補足資料
中国ハルピン市における朝鮮語のアクセントと疑問文のイントネーション 呂 海玉 要旨 pp.57-75
 内容:当該朝鮮語が一型・無アクセントであることを報告
朝鮮語ハルピン方言話者の、日本語のアクセントと疑問文イントネーション 呂 海玉 要旨 pp.76-90
 内容:当該日本語の、-2型の顕著さ、疑問文における核消失・母語干渉などを報告
資料紹介 明治大正期の八瀬・大原の方言集:『大原村方言取調書』と『八瀬大原の栞』 中井幸比古 1資料の概要
2『大原村方言取調書』の大原方言
3『八瀬大原の栞』の八瀬方言
4『大原村方言取調書』翻刻
5『八瀬大原の栞』所収の「八瀬大原方言」
pp.91-103
 内容:洛北・大原方言につき明治期に東京帝大が通信調査を行った際の「控え」の紹介と、
 それを 引用し、洛北・八瀬方言の情報を加えた大正期の方言集の紹介
 ●『方言・音声研究』第4号 2010年3月31日刊      
       
北海道帯広市方言のアクセント 竹本拓也  要旨 pp.1-53 
  内容:帯広市のアクセントの世代ごとの実態を明らかにした報告。      
鹿児島市方言における外来語アクセントの変化について−なじみ度との関係を中心に−  松田茉里 要旨 pp. 54-67
 内容:鹿児島市若年層の外来語はB型が増えている。しかし、なじみ度が高い語はA型に逆戻りする現象も見られる。      
愛知県東部方言(東三河地方)における「ジャン」の用法  山田剛史 要旨  pp.6.8-73
 内容:愛知県東部のジャンは、首都圏のものと意味用法・アクセントともに異なることを示す。      
動詞連用形+ソーヤの音調にまつわる一考察  加藤望 全文 pp.74-76
 内容:ソーヤ及びいくつかの付属語の前の連用形は、実は派生名詞形であることを示す。      
京都方言の形態・文法・音韻(3)−会話録音を資料として(3)−  中井幸比古 要旨 pp.77-106
  内容:第2号掲載の論文の続き。知らん、カイナ・カナ、ヤン、命令・志向形+ナ・ヤを扱う。      
       
 ●『方言・音声研究』第5号 2011年3月31日刊      
       
台湾人日本語学習者のアクセントアクセントの実態・習得に関わる要因・教育への要望  楊文  全文  pp1-16
  内容:台湾人日本語学習者のアクセントの実態調査と習得に関わる要因・教育への要望      
関西方言のヤンカ類に相当する諸方言の表現について―岐阜、関西中央部、兵庫県姫路、香川、岡山、山口、鹿児島、那覇―  中井ゼミ2010  調査結果の概要 pp.17-34 
  内容:関西方言のヤンカ・ヤンに相当する西日本諸方言の表現について、そのアクセント・意味用法について、各方言話者の内省により記述をしたもの      
近世後期方言集所収の京阪方言語彙の、現代京都方言における使用状況について―『浪花聞書』『皇都午睡』『繁花風土記』『烏歌話』『物類称呼』  中井幸比古 全文  pp.35-93
  内容:近世後期の方言集にみられる上方方言の語彙を、明治30-40年代生の京都市出身者がどの程度使っているかを調査した調査報告      

*第1〜第5号 冊子残部若干あります。この頁の一番下のアドレスに御連絡下さい。 

○方言アクセント録音資料 (科研費による研究)                  
1.和田實・妹尾修子録音による伊吹島方言アクセント資料  方言アクセント録音資料(1) 2009.03
香川県伊吹島方言のアクセントは、日本語アクセント史上、非常に重要な位置を占めるものとして有名である。この伊吹島のアクセントは1966年に和田實・妹尾修子両氏によってはじめて学界に報告された。本DVD-ROMは、この記念すべき報告のための両氏の録音を、WAV形式の音声としておさめるものである。併せて中井による5拍体言の聞き取り結果と録音を収録する
2.録音・京都アクセント辞典(1)  方言アクセント録音資料(2) 2009.03
中井幸比古(2002)『京阪系アクセント辞典』(勉誠出版)「語彙編」の、1〜4拍体言部分(pp.64-155)の、1910年生の京都市出身の話者による発音を、WAV形式の音声ファイルとしておさめる。併せて、その読み上げテキストと発音のアクセント型をPDFファイルに収録する。
.三好兼光録音香川県伊吹島方言会話資料 方言アクセント録音資料(3) 2010.03
香川県伊吹島方言のアクセントは、日本語アクセント史上、非常に重要な位置を占めるものとして有名である。本CD-ROMは、この伊吹島方言の会話録音資料(WAV形式)と、その文字化テキスト・解説を収録する。三好兼光氏録音の会話資料は明治20年代生の話者のものを含むが、これは伊吹島方言の録音資料の中で最も早い生年である。
4.録音・京都アクセント辞典(2)  方言アクセント録音資料(4) 2010.03
中井幸比古(2002)『京阪系アクセント辞典』(勉誠出版)「語彙編」の、5〜10拍体言、姓名・数詞、動詞・形容詞(pp.155〜271)の、京都市出身1910年生の話者による発音を、WAV形式の音声ファイルとしておさめる。併せて、その読み上げテキストと発音のアクセント型をpdfファイルに収録する。
.録音・京都アクセント辞典(3) 方言アクセント録音資料(5) 2011.03
 中井幸比古(2002)『京阪系アクセント辞典』(勉誠出版)「語彙編」の付属語・活用形(pp.271〜304)の部分を増補したもの、同書「概説編」(pp.9-58)の語例・問題、類別語彙表、小倉百人
一首、京都の地名・固有名詞の、京都市出身の話者による発音を、WAV形式の音声ファイルとしておさめる。併せてその読み上げテキストと発音のアクセント型をpdfファイルに収録する。
 6.録音・京都アクセント辞典(4) 方言アクセント録音資料(6) 2011.03
中井幸比古(2002)『京阪系アクセント辞典』(勉誠出版)「語彙編」の、1〜3拍体言(pp.64-113)の、京都市出身の話者による発音を、WAV形式の音声ファイルとしておさめる。先に、「録音・京都アクセント辞典(1)」にも同項目を収めたが、例文を大幅に追加した。1〜3拍体言は基本的な単語を多く含むので、複数回の録音が望ましく、「録音・京都アクセント辞典(1)」と併せての利用が望まれる。また、その読み上げテキストと発音のアクセント型をpdfファイルに収録する。 

*DVD-ROM・CD-ROM配布希望の方は、この頁の一番下のアドレスに御連絡下さい。


○方言アクセント情報を含むホームページのリンク集

  かなり前に作ったもので、リンク切れが多数ありますが、かつて存在した
  ページのリストということで、再掲します。いつか整備したいと思います。
                                         (2008.11.2)
 方言アクセント情報を含むホームページのリンク集


*本サイトに関する御連絡は中井幸比古(651-2187神戸市西区学園東町9-1神戸市外国語大学内) まで